ワークスタイル

在宅勤務はサボれる!?テレワークの意外な落とし穴3つを紹介!

近年の感染症拡大や働き方改革の潮流を受けて、在宅勤務を取り入れる企業が増えてきています。

会社の方針で急に在宅ワークが始まり、戸惑いながらも取り組んでいる人は多いのではないでしょうか。

しかし、その一方で在宅勤務を経験したことのない人にとっては

在宅勤務は誰も見てないからサボれる

テレワークはのんびり働けそうで羨ましい

という印象を持っている人も多いものです。

今回は、「在宅ワークのデメリット」について紹介します。

在宅勤務は楽だ、サボれると思っている人ほど予期せぬトラブルに巻き込まれたり、ストレスを抱えたりしてしまうものです。

今在宅勤務をしている人も、これから切り替わる予定の人もそのような在宅勤務の落とし穴にかからないよう見ていきましょう。

仕事とプライベートの切り替えが難しい

在宅勤務のデメリットの1つ目は「仕事とプライベートの切り替えが難しい」点です。

基本的に家にずっといるため、在宅では仕事の始まりと終わりのタイミングがわかりにくくなってしまいます。

在宅で陥りがちなパターン

始業時間:眠気が取れておらずエンジンがかからない。

→ぼーっとしたまま作業を続け、気づいたらお昼の時間で仕事はほとんど進んでいない・・・というパターン

終業時間:仕事が終わっていても、気持ちをオフに切り替えられない。

→終業時間で一旦退勤したにも関わらず、後で仕事の内容が気になってまたPCを開いてしまう・・・というパターン

このような事情から、在宅勤務では勤務時間が長引いてしまいがちです。

在宅勤務が広まった2020年4月以降、「テレワーク時の残業時間が出社時と比べてどうなったか」という質問に対して、「大幅に増えた」もしくは「増えた」と答えた人は34.2%となっており、3人に1人以上が勤務時間が長くなっていることがわかります。(出典:Chatwork調べ

このような在宅勤務のデメリットへの対策として、「始業前と終業後のルーティーンを決めておく」ことが重要です。

散歩をする、音楽を聴く、ストレッチなど軽い運動をする・・・内容は自由なので、仕事の前後に特定の習慣を挟むと良いでしょう。

そうすることによって時間のメリハリがつけやすくなり、在宅でもダラダラと長時間労働をしてしまうことを防ぐことができます。

ポイント

時間の意識を持っていないと在宅は長時間労働につながってしまいます!

コミュニケーション不足に陥る

デメリットの2つ目は「コミュニケーション不足に陥る」という点です。

在宅では家族と話すか、1人暮らしであれば自分しかいないので、会話などの量がいつもより少なくなってしまいます。

出社時に近くの席の人としていた世間話がなくなり、ミーティングも在宅では少なくなる傾向があります。

他愛もない内容であっても他の人と会話をすることで、気分転換になったり仕事の行き詰まりが解消したりすることはあるものです。

より実際の仕事の目線で考えると、在宅は質問などがしづらい環境になってしまいます。

オフィスであればすぐ席を立って質問に行くことができても、在宅ではチャットツールやビデオ会議を使うなど手間がかかり、一人で考えてしまいがちです。

在宅で陥りがちなパターン

業務時間中:周りの顔が見えないため質問をしづらい。

業務の合間:気軽な会話がないため息抜きがない。

業務中の世間話などは無駄なので、在宅では業務が早く片付く

周りに人がいると気が散るので、在宅ではより仕事に集中できる

という人も中にはいるでしょう。確かに、仕事の内容や個人の性格によっては自分一人の方が効率的に業務を進められることもあります。

しかし、ずっと一人で進められる仕事は限られており、全く人と関わらずに業務ができる人も実際には少ないものです。

多くの場合では、細かなコミュニケーション不足から少しずつストレスが溜まり、メンタルヘルスに影響が出てしまいます。

このデメリットへの対策としては、シンプルですが「在宅では意識してコミュニケーションを取る」ことです。

✅ ビデオ会議に参加して世間話をする

✅ プライベートでも家に引きこもりすぎない

✅ 社内チャットツールでは誤解がないようダブルチェックする

このように、在宅では自発的なコミュニケーションの機会作りや、出社時よりも細かいニュアンスの確認が必要になります。

ポイント

「一人の方が集中できる」という思い込みはストレスの原因になることもあります!

環境作りに手間がかかる

在宅勤務の3つ目のデメリットは「環境作りに手間がかかる」という点です。

在宅でオフィスと同じような環境を整備することはかなりの手間とコストがかかります。

在宅で仕事をしたことがない人が揃えなければいけないものとして以下のようなものがあります。

✅ インターネット環境

✅ 作業用デスク

✅ 作業用チェア

✅ ディスプレイ

✅ イヤホンもしくはヘッドホン

✅ デスクライト

✅ キーボード

✅ マウス

環境へのこだわりは人によるのでここに挙げたものが全て必要という訳ではありません。

しかし、一人でも集中できる環境作りのためにはある程度のものを揃える必要があり、どうしてもお金と手間がかかってしまいます

また、テレワークではビデオ会議をする機会が増えますが、その際に多くの人を悩ませるのが「背景に部屋が映ってしまう」ことです。

上で挙げたようなツールを揃えても、後ろに映っている部屋が散らかっていてはビデオ会議どころではありませんよね。

ビデオ会議では自分の後ろに特定の風景や画像を差し込む「バーチャル背景」を使うこともできますが、それでも一瞬自分の部屋が映ってしまうことがあります。

私自身も1年以上フルリモート(週5在宅)の環境で働いていますが、ビデオ会議の時には後ろの映り込みを気にすることがたびたびあります。

また、家族と暮らしている人にとっては、ツールの準備だけでなく家族からの理解を得る必要もあります。

家族といっても、それまで日中は家にいなかった自分が部屋にいる環境は家族にとっても思わぬストレスとなる可能性があります。

そのため、お互いの生活に邪魔にならないようにルールを決めるなどして気を遣う必要があります。

私自身は一人暮らしだったためこういった心配はないかと思っていたのですが、実際はそうではありませんでした。

✅ 換気のため窓を開けると周囲の工事の音が入ってくる

✅ 隣の部屋から生活音が入ってくる

上記のような環境への予期せぬ不満に在宅勤務が始まってから気づくことがありました。

ツールとは異なりこういった環境は基本的に変えられないため、私の場合は

✅ 換気の時間を決めてそれ以外は窓を閉める

✅ 集中したい時はイヤホンなどで防音する

このようにして地道に対応していました。この環境整備へのコストやそれでも解消できない環境への不満というのもテレワークのデメリットの1つと言えるでしょう。

ポイント

集中しやすい環境を作るのは意外と難しいものです!

まとめ:在宅はサボれる、ゆとりがあるというのは間違い!?

いかがだったでしょうか。この記事では在宅ワークのデメリットを大きく3点に絞って紹介しました。

在宅勤務を経験したことがないという人も、出社時とは異なる問題や手間をある程度イメージできたのではないでしょうか。

もちろん在宅勤務のメリットもたくさんあり、今後も新しい働き方として広がっていく可能性は大いにあるでしょう。

ちなみに、在宅勤務のメリットは以下で紹介しています。

しかし、「在宅勤務はゆとりがあってサボれる!」というイメージだけで始めてしまうと、ここで紹介したようなデメリットにぶつかってしまうでしょう。

在宅勤務のメリットは、事前の準備と開始してからの取り組みによって最大限発揮させることができます。

在宅の恩恵をしっかり受けるためにも、これらのデメリットには注意していきたいですね。

-ワークスタイル
-

© 2022 Second Workstyle